多様なソリューション

お客様の難しい要求にもお応えします

FOERSTER 製品は磁場を測定します。測定で得られた磁気特性は材料の分析に役立ちます。

MAGNETOMAT および 3軸磁力計 は磁気環境を三次元で測定します。

MAGNETOMAT および 3軸磁力計 はデータ収集・解析ソフトウェアを搭載し、時間と周波数を基準とした磁場の評価が可能です。

例えば粒子加速器の設計・製造には、適切な非磁性材を選択する必要があります。MAGNETOSCOP および MAGNETOMAT なら、IEC 60404-15ASTM A342Mメソッド4に準拠した比透磁率 µr の測定と、残留磁気の検出ができます。

新素材の開発では、 KOERZIMAT保磁力および磁気飽和を測定します。 測定結果から、鋼鉄の金属粒子サイズ、焼結超硬合金や鉄粉の結晶構造などの情報が得られます。

FOERSTER 製品は、磁気の作用が製造工程に影響を及ぼしうると評価される場合はいつでも磁気環境を測定し、工業界で重要な役割を果たしています。磁気特性のチェックによる材料状態の監視も可能です。

MAGNETOSCOP および MAGNETOMAT は、IEC 60404-15 とASTM A342M に準拠して比透磁率µrを測定することにより、オーステナイト鋼やその他の弱磁性合金の品質を確認できます。
測定された比透磁率µrと、腐食作用やコーティング損傷との間に相互作用がみられる合金もあります。

弱磁性材や部品類の磁束密度を測定すると、残留磁気や鉄の含有物の程度が測定できます。MAGNETOSCOP および MAGNETOMAT による測定は、API Spec 7 VG 95578 に定められた検査手順に準拠しています。

MAGNETOMATおよび 3軸磁力計は、磁気が変動しやすい環境においてコンディションの監視に利用されます。

KOERZIMAT保磁力磁気飽和 を測定すると、鋼鉄の粒子サイズ、焼結超硬合金や鉄粉の結晶構造がわかります。保磁力は、リレーなど電磁回路に使用される軟質磁性部品の評価で重要な指標となります。

 

FOERSTER 製品は、医療用機器・設備を製造する適切な材料や部品の選択に利用できます。磁気の影響を受けやすい機器の設置前には、設置場所の磁気スクリーニングを実施します。設置後も、機器稼働中に周囲の磁気環境を常時監視することで機器装置の高性能を維持します。

MRI(核磁気共鳴映像)システム製造のため適切な材料と部品を選定する際は、MAGNETOSCOP MAGNETOMAT 比透磁率 µr を測定し残留磁気を検出します。これは電子顕微鏡の製造にも応用できる使用方法です。

MRIシステムや電子顕微鏡の設置前には、MAGNETOMAT3軸磁力計で設置場所の磁気環境を評価可能です。システム・機器の稼働中は、これらの測定装置で磁気状態を監視できます。

歯科用インプラントの非磁性特性を確認するには、MAGNETOSCOP MAGNETOMAT 比透磁率µr の測定、残留磁気の検出ができます。

特定の防衛機器製造には非磁性材が要求されます。FOERSTER 製品の利用で、適切な材料選定、製造中の品質管理、運用期間中の状態監視を行うことができます。

 材料の非磁性特性を確認するには、MAGNETOSCOPMAGNETOMAT で比透磁率µrを測定します。測定手順は VG 95578ASTM A342M メソッド4、並びに IEC 60404-15 に準拠しています。

海軍船舶の非磁性構造は、受動的逆探知装置の重要な要素です。船体の消磁作業中、複数の 3軸磁力計 によるネットワークで、船舶や、エンジンなど主要部の識別磁気特性を測定します。

EOD(爆発物処理)用のツールや装置の非磁性特性は、MAGNETOSCOPおよび MAGNETOMAT で残留磁気を測定することにより、STANAG 2897 と AEODP-7に準拠した検査が可能です。

不発弾(UXO)の探査には、3軸磁力計 および FEREX 鉛直方向磁力計を使用します。

ほとんどの航空宇宙関連の部品製造には、適切な特性の材料が必要です。FOERSTER 製品の利用で、適切な材料選択から製造中の品質管理、さらに部品の有用期間中の状態監視まで行うことができます。

油圧や空調設備の電磁弁を最適化してエネルギー損失を低く抑え、ごくわずかな公差で正確な切替えが可能です。 保磁力 は電磁回路用の軟質磁性材の性能評価に重要な磁気特性であり、KOERZIMATによって非常に精密に測定できます。

UAV (無人航空機) の誘導システムに 3軸磁力計 を組み込むと、機首方位の情報を提供します。

3軸磁力計 は磁気コンパスの校正基準としても使用できます。

3軸磁力計 は機体の誘導磁気偏差を補正するための基準情報を提供することもできます。

FOERSTER の磁力計とデータ収集機能は、長期にわたる地磁気の観測や、地域的な磁気的特異性を探るための広範囲な調査に対応します。

3軸磁力計 は、磁気環境の長期観測に使用できます。

3軸磁力計 および FEREX 鉛直方向磁力計は、地表近くや海面下でのアプリケーションとして不発弾(UXO)探査、環境浄化、そして考古学調査にも使用されます。