磁気測定

精密な測定と効果的な記録

保磁力 HCJ は、強磁性材料では磁気分極Jがゼロになるまで完全に下げるよう求められる磁場の強度を表します。KOERZIMATは、材料や製造された部品類の保磁力 HCJを、形状にほぼ制限なく、開磁気回路においてIEC 60404-7 に準拠して測定できます。特定寸法・形状の検査用サンプル作成は必要ありません。

磁気ダイポールモーメントは、磁気ダイポールの強度を表す単位です。KOERZIMAT は、磁気飽和のダイポールモーメント jSを、検査材の形状にほぼ制限なく、IEC 60404-14に準拠して測定できます。特定の寸法・形状の検査用サンプル作成は必要ありません。

透磁率µはある磁場における材料の磁化の程度を表す、磁束密度Bと磁束Hの比率です。物理的定数µ0は真空での透磁率を表します。比透磁率µr はµ とµ0の比率です。透磁率測定プローブを付けたMAGNETOSCOP および MAGNETOMAT は、材料や製造された部品類の比透磁率を IEC 60404-15ASTM A342M 並びに VG 95578 に準拠して測定します。特定寸法・形状の検査用サンプル作成は必要ありません。

飽和磁化は、 強磁性材の可能最大限の磁化で、材料内部の磁気モーメント全体が並行配列を成すのが特徴です。 KOERZIMAT は、材料や製造された部品類の磁気飽和ダイポールモーメントjSおよび単位重量あたりの飽和磁化 σS (4πσ) を、形状にほぼ制限なく、引き抜き方式により IEC 60404-14 に準拠して測定できます。特定寸法・形状の検査用サンプル作成は必要ありません。

磁力の単位の一つである磁束密度Bは、装置エリアで磁束方向に対して垂直に捉えた磁束の量を表し、ベクトル場として表すこともできます。フラックスゲートセンサーはBの大きさと方向を測定できます。適切なセンサーを付けた MAGNETOSCOP MAGNETOMAT を使用して、同時に1~3方向の磁束密度を測定可能です。差動型プローブを使用すれば、1方向の磁束密度勾配値を測定することができます。