STANAG 2897 と AEODP-7 は、爆発物処理(EOD)に使用する非磁性ツールの検査のガイドラインを定めています。検査方法の基本は、絶対磁場測定用または勾配値測定用磁力計でツール部品の残留磁気を測定することです。差動型プローブや磁場・勾配値測定用プローブを合わせて使用する磁力計MAGNETOSCOP MAGNETOMAT は、この規格に準拠しています。

API Spec 7 は、ドリルカラーの磁気特性が低いことを確認するための測定について定めています。検査方法の基本は残留磁気と比透磁率µrの測定です。差動型プローブ透磁率測定プローブと共に使用する磁力計MAGNETOSCOP および MAGNETOMAT  は、この規格に準拠しています。

ASTM A342M メソッド 4 は、透磁率が低い材料(1.0~2.0の範囲)の比透磁率µrの測定について定めています。

MAGNETOSCOP および MAGNETOMAT  は透磁率測定プローブと共に使用することでこの検査方法の要求事項を満たします。このメソッドの利点は、材料あるいは製造された部品類の測定が状況に応じて可能なことです。特定寸法・形状の検査用サンプル作成は必要はありません。

ASTM B886 は、焼結ハードメタルの磁気飽和を測定する方法を定めています。 KOERZIMAT MS はこの規格の要求事項を満たしています。

ASTM B887 は、焼結ハードメタルの保磁力を測定する方法を定めています。KOERZIMAT HCJ はこの規格の要求事項を満たしています。

DIN ISO 3326 は、焼結ハードメタルの保磁力を測定する方法を定めています。KOERZIMAT HCJ はこの規格の要求事項を満たしています。

IEC 60404-7 メソッド B は、開磁気回路における保磁力HCJの測定について定めています。KOERZIMAT HCJ はこの規格の要求事項を満たしています。メソッドBの利点は、検査サンプルの形状にほぼ制限なく測定可能なことです。特定寸法・形状の検査用サンプル作成は必要ありません。

IEC 60404-14 は、開磁気回路における検出コイルを用いた磁気飽和のダイポールモーメント jSの測定について定めています。KOERZIMAT MS  はこの規格の要求事項を満たしています。このメソッドの利点は、検査サンプルの形状にほぼ制限なく測定可能なことです。特定寸法・形状の検査用サンプル作成は必要ありません。

IEC 60404-15 チャプター 6は、透磁率が低い材料(1.0~2.0の範囲)の比透磁率µrの測定について定めています。

透磁率測定プローブを付けて使用するMAGNETOSCOP および MAGNETOMAT は、この検査方法の要求事項を満たします。このメソッドの利点は、材料あるいは製造された部品類の測定が状況に応じて可能なことです。特定寸法・形状の検査用サンプル作成は必要ありません。

STANAG 2897 および AEODP-7 は、爆発物処理(EOD)に使用する非磁性ツールの検査のガイドラインを定めています。検査方法の基本は、絶対磁場測定用または勾配値測定用磁力計でツール部品の残留磁気を測定することです。差動型プローブ磁場・勾配値測定用プローブと共に使用する磁力計MAGNETOSCOP MAGNETOMAT は、この規格に準拠しています。

VG 95578 は、透磁率が低い材料(1.0~2.0の範囲)の比透磁率µrの測定について定めています。

透磁率測定プローブを付けて使用するMAGNETOSCOP および MAGNETOMAT  は、この検査方法の要求事項を満たします。このメソッドの利点は、材料あるいは製造された部品類の測定が状況に応じて可能なことです。特定寸法・形状の検査用サンプル作成は必要ありません。